子連れ旅をハッピーに!旅と子育てのブログ

シンガポールの気温と服装|女性の必須アイテムもご紹介します

シンガポールの乾季の風景

こんにちは!くま子です。

シンガポールは赤道直下にある常夏の国。シンガポールの気温は日本の夏より暑いです。日本の夏の服装でいいかな?と思ったあなた!

シンガポールの気候は日本とは全く違うので、シンガポールに適した服装や女性必須のアイテムも忘れずに準備して行きましょう。旅がもっと快適になりますよ。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

ちょっとした工夫で、快適な旅になりますよ~!

MEMO
Voyagin(楽天グループ)では現地のチケットがお得に買えます
18% OFF ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ チケット予約<OCBCスカイウェイ付きプランあり> はこちらから☆


シンガポールの気候

シンガポールは「熱帯モンスーン気候」

モンスーンといえば、小学校では「季節風」と習った記憶がありますね。
シンガポールはモンスーンの影響で、弱い乾季のある熱帯雨林気候で、高温多湿です。

モンスーン(英: monsoon)とは、ある地域で、一定の方角への風が特によく吹く傾向があるとき(その風を卓越風と呼ぶが)、季節によって風の吹く方角(卓越風向)が変化するものを呼ぶ。

Wikipediaより

つまり、シンガポールの気候は「常夏」です。
シンガポールは、ほぼ赤道直下にあって日中の気温はだいたい30℃くらい。
湿度も80%以上あります。

シンガポールと東京の気温と降水量を比較してみた

シンガポールと東京の気温と降水量を比較してみると、こんな感じです↓

シンガポールと東京の気温と降水量を比較した図
シンガポールと東京の気温と降水量【比較】

シンガポールは常に、東京の7月・8月よりも暑いですよ!
そのうえ、シンガポールの日差しは超強烈です。赤道直下おそるべしです。

東京と反対に、秋から春にかけてシンガポールでは降雨量が多くなりますね。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

日中の炎天下では、帽子をかぶらないと危険!
頭頂部がこげそうに暑いです

シンガポールには雨季と乾季がある

MEMO
  • 4月~9月 乾季
  • 10月~3月 雨季

乾季(4~9月)

雨が少なく、日中は30℃くらいになります。
乾季といえども熱帯特有の「スコール(突然降る激しい雨風)」はよくあります。

雨季(10~3月)

スコールが発生する確率が高くなる時期です。
日本のしとしと降り続く梅雨と違って、スコールは降ってもすぐにやみます。
傘が役に立たないほどの強い雨と突風です。

熱帯ならではのお天気ですよね。スコールも楽しみましょう!

シンガポールのベストシーズンは?

シンガポールのベストシーズンは、一般的には雨の少ない乾季(4~9月ごろ)とされています。

ただ、1年をとおして日中は30℃くらいですし、乾季でもスコールはあります。 そして、乾季の暑さは強烈です。
雨が降ってちょっと気温が下がる雨季のほうが過ごしやすいという人もいます。

つまり 旅行の時期を選ぶときに、 雨季も乾季もあまり気にする必要はなく「シンガポールは1年中ベストシーズン!」と言えます。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

思い立った時にいくのがいちばん!

シンガポールの服装

基本的には日本の夏の服装で大丈夫です。ただ、空港やデパートなど屋内では冷房がガンガンにかかっています。

どんだけ寒いんだっ!と思うことがありますので、かならず長袖の羽織りものをもっていきましょう。

8月のシンガポールのチャンギ国際空港で、ダウンジャケットを着てベンチで寝ている人たちを見ました。
空港内は冷房が効きすぎていて、寝るには寒すぎるんですね。

女性必須アイテム

赤道直下のシンガポールに降りそそぐ太陽は強烈です。油断すると肌はジリジリ、頭頂部はコゲコゲになります!
スコール対策と防寒もしっかりして、完全防備でお出かけしましょう。

帽子・サングラス・ワンピース・水筒のコーディネイト例(5歳)

日焼け対策

  1. 帽子
  2. サングラス
  3. 日焼け止め
  4. 日傘(晴雨兼用)

帽子とサングラス、日焼け止はマスト。
日本にいるよりもしっかりした日焼け対策が必要です。

スコール対策

  1. サンダル
  2. ストール

雨でぬれてもすぐ乾くサンダルが便利ですね。
スコールにあった場合、屋内へ避難すればよいのですが、屋内が冷房で寒い~!ってなると風邪をひきますので、くま子は薄手のストールを持ち歩きます。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

こどもが寝ちゃったときにも、ストールをかけてあげられます

ドレスコード対策

シンガポールのカジノ入口
シンガポールのカジノ入口
  1. ワンピース
  2. アクセサリー

シンガポールでは基本的にカジュアルでOKですが、カジノへ行きたい方はビーチサンダルと短パンはNG。

またシンガポールの高級レストランへ行く場合は、お店にふさわしい服装が必要ですよね。事前にドレスコードを確認しましょう。

女性ならおしゃれなワンピースを1枚とアクセサリーを持っていけば便利です。

肌の露出対策|モスクなど宗教施設で

シンガポールは多民族国家です。中華系・マレー系・インド系の人々がうまいぐあいに交じり合っていて、そこがとても好きなところです。

お互いの宗教を尊重しあうためにも、モスクやヒンドゥー教の寺院などでは肌の露出は控えめにするのがエチケットですね。

シンガポール⑧ 探検!アラブストリート・チャイナタウン・リトルインディア

シンガポールの気温と服装【まとめ】

  • シンガポールは雨季と乾季があるものの、1年を通して東京の一番暑い8月と同じくらいの気温。
  • シンガポールでの服装は基本半袖でOK
  • シンガポールの屋内ではクーラーが強烈に効いているので防寒着やストールを持参しよう
  • 強烈な日差し対策として帽子とサングラスは必須
https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/9c2945fc0fb5d16747467b72bfc0b885.jpg
チビくま

赤ちゃん連れや子連れで旅行するときの便利グッズや持ち物リストについても、チェックしてみてね!

マリーナベイサンズ全景 シンガポールってどんな国?場所や特徴・時差・物価は?【基本情報】 赤ちゃん&子連れ海外旅行の持ち物 赤ちゃん&子連れ海外旅行の持ち物リスト|おむつや着がえの枚数は?
https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

絶対に忘れてはいけないのがスマホ。 海外WiFiはレンタルしていった方が絶対にいいです。 海外でもGoogleマップは使うし、Google翻訳も超便利ですよ~!

シンガポールのWifiホットスポット写真 シンガポールに海外WiFiレンタルは必要か?【子連れ旅に超便利だった件】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください