子連れ旅をハッピーに!旅と子育てのブログ

JGC修行第1弾 OKA-CGKタッチ③ ジャカルタ市内観光での公共交通機関の使い方

こんにちは、くま子です。
くますけのJGC修行第1弾OKA-CGKタッチ2日目は一日観光です。
空港鉄道にバスウェイにトゥクトゥク、いろいろな交通機関を利用したので、レポートします。

空港から市内まではAirport train(空港鉄道)

公式HPより

ブルーバードタクシー(平均120,000ルピア)、乗り合いバス(300ルピア)も選択肢にありましたが、ジャカルタ市内は渋滞がひどいと聞いていたので、空港鉄道「Airport train」(70,000ルピア)に乗りました。(1ルピア=約0.008円)

Airport trainに乗る駅までの行き方

空港のターミナル1~3までをつなぐスカイトレインに乗って、Airport trainの駅まで向かいます。このスカイトレインは無料です。ターミナル3は端にあり、始発駅なので来た電車に乗れば大丈夫。

スカイトレインの中 運転士と彼女です(嘘)

ターミナル3から2つ目のSTASIUN KERETA BANDARA(AIRPORT RAILWAY STATION)という駅で降りて、エスカレーターで下っていけば、Airport trainの駅に着きます。

空港駅に着きました

切符の買い方

左手に券売機がありますが、VISAかMASTERのクレジットカードでしか買えません。分からなければ係員が券売機付近にいるので教えてくれます。くますけのJAL VISAカードはなぜか読んでくれなかったので、カウンターで買ったそうです。それも教えてくれます。

左:黒い線がairport trainの路線図  右:時刻表 

銀鈴カードしか持っていない中国人6人組(大阪のおばちゃん風)からくますけに「VISAがないから自分たちの分も買ってほしい」とのオファーがありました。現金をもらいまとめて買ってあげたそうです。

BNI CITY(Sudirman Baru)駅まで一人片道70,000ルピアだったのが、7人だったので団体割引が適用され一人60,000ルピアになりました。ちょっぴりうれしいくますけです。帰りはJAL VISAカードが使えました。

乗り方は簡単です

電車が来るまで改札は開きません。改札横のWAITING LOUNGEで待ちます。
改札を通るときは切符のバーコードをピッとします。

座席は自由です。空いているので広々と使えますね。
足は座席に乗せないでとの注意書きが。BNI CITYまで46分です。

トランスジャカルタ(バスウェイ)

BNI CITY(Sudirman)駅で降りて、一番の観光地であるモナスに行くには炎天下を歩くかタクシーかトゥクトゥク、Grabバイク(uberのバイク版)があります。くますけはバイクに現地語で「乗ってけば」と誘われるも、トランスジャカルタを選びました。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/48a046a9fd4d6d434aab99df622376dd.jpg
くますけ

現地語でバイク代の交渉はできないからね
バイクの二人乗りも心配だし

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

ジャカルタ市内は渋滞がすごいんでしょ?
少しでも隙間ができるとバイクが突っ込んでくるんだよね

バスが左から専用レーンに入ってきます

トランスジャカルタは道路上に設けられた専用レーンを走るバスです。(連結バスの場合あり)市内を縦横無尽に走っているので利用する現地の人は多いです。

渋滞に巻き込まれないのが強みとされているようですが、交差点では渋滞に巻き込まれ、なかなか進まないこともありますね。

路線図は公式HPをどうぞ。

トランスジャカルタ公式HP

停留所で係員に「モナスに行きたい」と言って、50,000ルピアを払ってICカードを買えばOKです。停留所に入るときと出るときに改札でピッとするので、日本の電車に近い感じですね。乗り換えを何回しても改札を出なければ1利用あたり3,500ルピアだそうです。

バスには運転手と車掌がいます。駅係員が「この人はモナスに行く」と車掌に伝えてくれたので、モナス最寄り駅で合図をくれました。

トゥクトゥク

トゥクトゥクはホンダのカブ(だと思う)に2人分の後部座席を付けた乗り物です。小回りが利くので狭い道にも入れます。くますけはぼったくりガイドと一緒に仲良く乗り、チャイナタウンに向かいます。車に交じってバイクが入り乱れて走る中でのトゥクトゥクはとても怖かったとのこと。

動画では道路が空いていますが、混んでいるときは恐くてスマホをいじれなかったくますけです。


15分間ほどの運賃はぼったくりガイドが乗る前に交渉して40,000ルピア(約320円)でした。

道路の横断

車は赤信号で基本的には止まります。歩行者信号が青になったのを確認して、さらに左右を確認してから渡りましょう。歩行者信号の青が終わりそうになると赤でも走り始める車もいるので、青が終わりそうなら、次の青まで待ちましょう。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

弱肉強食!スリル満点ね

信号がない横断歩道は危険です。単独では渡らないでください。くますけはぼったくりガイドと一緒に渡りました。手を挙げてゆっくりドライバーを見ながら渡れば止まってくれます。恐怖心との戦いですね。

まとめ

渋滞が激しいので電車が一番ですね。タクシーに乗る場合はブルーバードタクシーなどメーターがついていたり、事前に金額が確定していたりする安心なものに乗りましょう。

もちろん親切なおじさん風のぼったくりガイドを信用してはいけません。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/48a046a9fd4d6d434aab99df622376dd.jpg
くますけ

ガイドのおかげで、いろいろな経験ができたけどね
最初にボランティアと勘違いした俺が悪いともいえる

関連記事です(④につづきます)

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください