子連れ旅をハッピーに!旅と子育てのブログ

JGC修行第1弾 OKA-CGKタッチ④ 一人旅に最適なジャカルタ市内の観光スポットをご紹介

ジャカルタ歴史博物館

こんにちは、くま子です。
くますけのJGC修行第1弾の2日目、ジャカルタ市内を約6時間たっぷりと観光したのでご紹介します。

利用した交通手段はこちら

ネットに繋がらないまま空港を出発

昨夜23:50にスカルノハッタ空港に到着。そのまま空港内のホテルにチェックイン。2日目は6時過ぎに起きて機内でもらったパンと水で朝食を済ませ出発しました。(修行感がでていますね)
成田空港までのバスが事故渋滞で遅れたせいで、くますけはレンタルWi-Fiが借りられませんでした。空港でレンタルWi-Fiを借りようと試みるもSIMカードが300,000ルピアで断念します。「数年前の観光客はこうだったんだ」と自分に言い聞かせ、持参した5年前のガイドブックだけで出発。

モナス(独立記念塔)

トランスジャカルタkoridor1 「Monas」下車 徒歩10分ほど ムルデカ広場内 
137mの高さを持つこの大理石の記念碑は、先端の炎のモニュメント部分に35gの純金が使われています。自由を成し遂げる為の人々の決意を表しています。(出典:インドネシア共和国観光省公式HP) 
monas
モナス

トランスジャカルタのMonasで降りてすぐにモナスは見つかりますが、ムルデカ広場に柵があり、入り口がすぐには分かりませんでした。南側の門がMonas停留所から最寄りだと思います。南側の門は「Balaikota」という停留所のすぐ近くです。

1945年8月17日に日本から独立したインドネシア。この日にまつわる数字がいたるところで使われています。例えば塔の台座となる四角い部分は1辺が45mだったり、他の何かが19mだったり。ほとんど忘れてしまいましたが。
塔の中にエレベーターがあり、それに乗って展望台まで行けます。

ぼったくりガイドに遭遇

今考えれば、ムルデカ広場入口のガードマンに「Where are you from?」と聞かれ、JAPANと答えてしまったところから始まったのだと思います。

そのガードマンは、その場所からモナスが丸見えで一本道なのに、モナスを指さしながら丁寧に「この道をまっすぐ行けばモナスに着くから楽しんで来いよ」みたいなことを言っていました。

一本道を間違えようもなく歩いていくと、知らない現地のおじさんAが近づいてきて、英語で「久しぶり。昔、お前に会ったよ。俺のこと覚えてる?」とか聞いてきました。これはいけないと思い、「No」と言って無視を決め込みます。

ガイド
黄色い帽子に注意

モナスに着く直前には、現地のおじさんBが近づいてきます。「日本のどこに住んでるの?」と日本語で聞かれました。自分の住んでいる県を知ってたので、喜んでしまったくますけ。つたない日本語と英語を駆使してくるガイドにあっという間に心を開いてしまいます。

その後5時間ほど行動を共にして2,100,000ルピア(17,000円)ぼったくられました。ジャカルタでの旅に出てくるぼったくりガイドはこのおじさんBのことです。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/48a046a9fd4d6d434aab99df622376dd.jpg
くますけ

「自分はガイドだ」と言っていたのに、勝手にボランティアと思ってしまった ・・・ 空港を出てから1時間足らずで 引っかかったな

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

日本語(4歳児レベル)も英語もできる優秀で時給の高いガイドだった、という前向きな考え方もできますが・・・ちょっと高かったけどね

イスティクラルモスク

モナスのあるムルデカ広場から徒歩5分ほど。
モナスから東側にモナスの天井にあるドームが見えます。

イスラム教の礼拝堂であるモスク。ガイド曰くこのモスクは世界で3番目に大きいものだそうです。インドネシアの人がみんな来る、お金持ちは本場に行くと教えてくれました。ドームがなければありきたりなオフィスビルのような外観です。何年に一度かの工事中でした。

ガイドのおかげですんなり入館。靴を預け、ガウンを借りて中を見学します。隅々まで見学することができました。礼拝の時間ではなく人もまばらです。外は暑かったのですが中は風通しがよく涼しかったです。

ドームの直径が45mでこれも独立記念日にちなんでいます。モスク内にある塔も独立記念日にちなんだサイズだったと思います。
1日5回の礼拝時はどれだけ人が来るのか見たかったですね。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

このモスクに10万人以上収容できるって、すごいね!

カテドラル(ジャカルタ大聖堂)

イスティクラルモスクから東側の道路を挟んで向かい側
この道路を渡るときは注意が必要です。

1901年に現在の姿になったカテドラル。二本の高い塔が目印です。
中に入るためには警備員のところで首からかけるGUESTというネームカードをもらいます。
私が訪れたときはちょうど結婚式の最中でしたので、後ろから写真をパチリ。
結婚式が終わった二人にはボンネットに花が飾られた白のアルファードが用意されていました。

チャイナタウン(金徳院)

カテドラルからトゥクトゥクで10分ほど。
トランスジャカルタ koridor 1 「Glodok」停留所から徒歩5分

金徳院の周辺がチャイナタウンです。チャイナタウンは中華料理の食材が所狭しと売られています。生きたカエルやナマコ、亀(すっぽん?)なども並んでいます。狭い道の両側にお店があり、バイクも通るのでカオスです。よくバイクにひかれずに生きて帰れたなと思います。

金徳院はオランダ人による華僑殺害事件の被害者を奉るために建てられたとガイドが言っていたような気がしましたが、WIKIでは違うことが書いてありました。くますけの英語力がうかがい知れます。

中国人らしき方々がお祈りをしておりました。イスラム、キリスト、仏教と1日でこんなに宗教に触れられるなんて、さすがジャカルタ。

カフェ バタビア

金徳院から徒歩20分 Kota駅から徒歩5分
コタ地区にあるお洒落なレストランです。


バタビアはオランダ統治時代のジャカルタの名称です。
その名残なのか歴史を感じるレストラン。お客さんは西欧人ばかりでした。
値段も含めて空港で食べたものとは全然違い、くますけはここのナシゴレンをいたく気に入ったようです。喫煙全面可だけが残念ですが、それも含めて古いオランダという感じがしますね。

  • ナシゴレン  98,000ルピア
  • Zero coke  40,000ルピア
  • コピルアック 128,000ルピア
  • サービス料10% 26,600ルピア 
    税込合計 334,000ルピア(2,670円)
https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/48a046a9fd4d6d434aab99df622376dd.jpg
くますけ

一度は飲んでみたかったコピルアック、普通においしいコーヒーだったよ。やっぱり高いね。

カフェ・バタビア(Cafe Batavia)

住所:Jl. Pintu Besar Utara 14, Kota, Jakarta 11110, Indonesia
電話:+62-21-691-5531
営業時間:08:00-0:00
公式HP: https://www.cafebatavia.com/

観光地のまとめ地図

マークをクリックすると、紹介した観光地の場所が表示されます。
JGC修行にジャカルタはおすすめですよ~。

関連記事です。修行第2弾はシンガポールです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください