子連れ旅をハッピーに!旅と子育てのブログ

JGC修行第1弾 OKA-CGKタッチ② ジャカルタデジタルエアポートホテル(カプセル)に2泊【口コミ・レビュー】

こんにちは、くま子です。
くますけのJGC修行第1弾のOKA-CGKタッチでは、ジャカルタスカルノハッタ空港ターミナル3内にあるデジタルエアポートホテルというカプセルホテルに2泊しました。修行感が増しますね。詳しくレポートします!

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

カプセルホテルなんて泊まったことない~!
近未来的でかっちょいいねぇ

デジタルエアポートホテルの場所

JALが発着するジャカルタスカルノハッタ空港ターミナル3の東側の端にあります。JAL729便は23:50着だったので、インフォメーションも閉まっており、フロアマップにも載っていないので自力で探すくますけです。

ターミナル3の構造上、入国した場合は一度建物の外に出ざるを得なかったようです。建物を出て左側(東側)の方へ向かい、右側に車道、左側にターミナルの建物を見ながら進みます。トイレやお祈りの場所を過ぎたところで再びターミナルに入ります。

突き当たるまで進みます 夜は暗いです

ターミナルに入り右に曲がり、突き当たるまで進みます。突き当たる手前、左側にエレベーターがあるので、手荷物検査を受けてからエレベーターに乗ります。

EAST LOBBY出口に突き当たって左に180度方向転換し、手荷物検査を抜けてエレベーターに乗ります
〇のエレベーターに乗ります

グランドレベルの一つ上の階にデジタルエアポートホテルがありました。

グランドフロアの一つ上の階にあります
https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/e15f9b96c28185b9ba119f8873e9e330.jpg
くま子

ホテルを探すの、大変だったんだねぇ、お疲れさま

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/48a046a9fd4d6d434aab99df622376dd.jpg
くますけ

成田に着いて5分で出国せざるを無かったのでWi-Fiをレンタルしそこなったのが痛かったな

値段は修行僧にぴったり

1泊目はExpediaで予約しました。Amexで8%引き1泊2,870円。

Expediaで探す


2泊目はagodaで2,389円。

最低価格保証のagodaで探す

部屋のタイプは2種類、アルファとベータ

部屋タイプはアルファとベータです。
アルファは出入口と体が直角になり、足側が出入り口。

アルファ カプセル 足側が出口です。

荷物をカプセルに入れるので、上段だと重いスーツケースは出し入れが大変かも。くますけの荷物は写真左下の修行バック一つなので問題ないですね。


ベータは出入口と体が平行になり、足から胸あたりまでスライドドアが開きます。

ベータはスライドドア(出典:公式HP)


初日はベータ、二日目はアルファ泊ですが、ベータの方が出入りは楽だったとのこと。部屋には水のペットボトル1本、テレビ、ヘッドフォンが用意されています。カプセルって、スター・ウォーズの宇宙船みたいですね。

トイレやアメニティに期待してはいけません

ロッカーにはバスタオルと歯ブラシがあります。
くますけは歯ブラシは持参したので使わず、バスタオルのみ使用しました。

トイレやシャワーブースはフロントと反対側のガラス扉から出ます。
そこは非常に明るいし、空港の放送も入るし、工事もしているしですぐに目覚めることができます。
そのスペースからトイレやシャワーブースに向かいます。

客室から出るとこんな感じです。右がトイレでその左側にシャワーブースがあります。

シャワーブース

右の箱がボディソープか。お湯は出ます。

トイレ、ペーパータオル、ボディーソープらしき液体石鹸はあります。シャンプー、ドライヤーはありません。

トイレの奥がシャワー


洗顔フォームを忘れたときにシャンプーで代用できると聞いていたくますけ。逆も真なりということで、洗顔フォームで髪の毛を洗ったそうです。
修行、がんばってますね。

男性用のシャワーブースは5室あります。

利用上の注意

チェックインで渡されるキーカードでカプセルルーム、自分のカプセル、シャワーブースの出入りをします。キーカードの携帯を忘れないようにしましょう。

ここにルームカードをピッと
アルファ カプセルは扉の下のところにピッと


ホテル内では何も売っていないので、必要なものは空港内で買ってください。
空港内にはファミマがあります。

おススメ度

くますけの評価は★★★☆☆くらいでしょうか。低価格で横になれます。それ以上を求めてはいけませんね。

空港内の狭いカプセルホテルなので、ロッカーがカプセルのすぐ隣にあり、フロントもすぐ近くにあるので、夜間を通して人の動きを感じます。
カプセルがプラスチック製なので、寝返りでギッシギシときしみ、隣の人のオナラも聞こえます。誰かがトイレに行こうものならすぐに目が覚めます。
くますけは寝ているか起きているのかわからないような感じだったそうです。

https://airmiles-trip.com/wp-content/uploads/2019/09/48a046a9fd4d6d434aab99df622376dd.jpg
くますけ

だれかがオナラをしてきたときは、もっとでっかいオナラを返してやったぜ!(勝ち誇り)

カギは掛けられますので、そこは心配いりませんね。宿泊費を節約したい人、早朝・深夜の発着の人にはおススメです。修行僧気分に浸りたい方には最適でしょう。ぜひJGC修行で活用してくださいませ。

デジタルエアポートホテル(Digital Airport Hotel) 基本情報

Digital Airport Hoteⅼ 公式HP

スカルノハッタ空港ターミナル3 国内エリア1st Floor(日本では2階)

デポジット:初日は深夜に着いたので不要、2日目は5,000ルピア。
      チェックアウト時に返還されます。

関連記事です(③につづきます)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください