子連れ旅をハッピーに!旅と子育てのブログ

台北から九份/ジョウフェンへはどうやって行く?【行き方・帰り方】台湾子連れ旅③ 

九份

こんにちは、くま子です。

はじめての子連れ海外旅行で「千と千尋の神隠し」のような雰囲気が味わえると人気の 九份 (ジョウフェン)へ行ってきました。

タクシーとバス・電車での行き方をご紹介します。

九份/ ジョウフェンの概要

昔は金鉱の町だった

その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、 日本統治時代 に藤田組によりその最盛期を迎えた。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものであり、酒家(料理店)などの建物が多数残されている。( Wikipediaより)

台湾 ジョウフェン
雨の九份

九份(ジョウフェン)は山合の街で、石段の坂道が続いています。

今では観光地として有名になり、カフェや土産物などの店が軒を連ね観光客で大賑わい。さっきの店に戻りたい、となってもなかなか大変なくらいです。

くま子
くま子

九份老街がバス停の名前です

地図で九份老街をチェック

マークはそれぞれ左から台北駅、瑞芳駅、九份老街の場所です。

九份(九份老街)行き方

台北から 九份老街まではタクシーでも電車でも行けます。

行きは台北車站駅前から九份老街までタクシーを利用しました

台北車站駅前から九份老街までのタクシー料金

【タクシー料金】 4,000円(1,200元)1元=約3.55円
【所要時間】 1時間弱(高速道路利用)

台湾のタクシーは日本に比べて安いです。

運転手さんが日本語も英語も分からない場合があるので、行き先を紙に書いて渡せば安心です。

漢字で九份老街」とバス停の名前を書いたメモを渡しましたが、運転手さんはフムフムといった顔ですぐ分かってくれたので安心しました。

くま子
くま子

タクシーではほとんどクレジットカードが使えないので現金を用意してくださいね

当初、滞在中のホテルパレ・デ・シン(君品酒店)からタクシーを呼ぼうとしましたが「ホテル前のタクシー乗り場からなら安いですよ」と教えてくれました。

ホテルは 台北車站駅隣です。
ちなみに、ホテルでタクシーを手配すると4時間で10,000円(約3,000元)。

チャーター料金ですね。

くますけ
くますけ

タクシー乗り場で乗った方が断然安いよ!

タクシーの中でゲボ事件

チビくまは車酔いしやすいたちです。

朝、タクシーにのりましたが、高速道路を降りた頃から気分が悪くなり、九份の街へ着く前にはタクシーでゲボ。

くま子は慣れた手つきで、事前にジッパーつきのジップロックをスタンバイ。
無事に軟着陸できました。

くますけ
くますけ

台湾ではチップ不要だから、 タクシー代を少し多めに渡したよ

寡黙でやさしいタクシーの運転手さんは、言葉は通じないですが、心配してくれてウエットティッシュをパックごとくれたり、窓を開けてくれたり。

本当に親切にしてくれました。ありがとうございます。

くま子
くま子

本当に素敵な運転手さんだったね

帰りはバスと電車(台鉄)を利用しました

瑞芳駅
九份から台北駅まで電車を利用する場合

【バス】九份から瑞芳駅まで 約60円(15元)※タクシーだと10分ほど
【電車】瑞芳駅から台北駅まで 約180円(49元)
【所要時間】約1時間15分ほど

復路は九份からバスで瑞芳駅まで行き、電車(台鉄)で台北駅まで一本です。

くま子
くま子

バスでは小銭が必要です!お釣りはもらえませんよ~

のんびり約50分ほどの電車の旅。郊外の景色も楽しめて良い思い出になりました。

瑞芳駅ー九份間は近いので、バスの時間が合わない場合は、タクシーを捕まえるのもよいですね。

瑞芳駅 構内
参考 時刻表や料金をチェック台湾鉄道局公式HP

九份(ジョウフェン)のみどころ

とにかく街の雰囲気が素敵です。細い坂の小道に小さい店がぎっしり並んでいてひやかすだけでもワクワクします。

お土産物、タピオカ、海苔巻き、薬膳スープに団子、怪しげなB級品までさまざまなものがあります。

くま子たちは昼食に、賑わっていた小さな店にフラッと入りました。薬膳スープが日本では食べたことのない深い味で美味しかったです。

お土産にはガラス細工の店で、くま子はひょうたんを、チビくまはうさぎとくまを買いました。(帰国してからくまの腕がとれたのでボンドで修理しました)

夜景も素敵

チビくまがいるので、九份へは昼に行きましたが、提灯が灯るころも綺麗でしょうね。

夜のほうがバスが混雑するそうなので、帰りのルートを考えておくといいと思います。行きのタクシー運転手さんに帰りもお願いするのもありですね。

あると便利な持ち物

  1. 雨傘とレインコート
  2. ジッパーつきのジップロック
  3. 抱っこ紐(ベビーカーはムリ)

九份(ジョウフェン)は山の上にあるので雨が降ることが多いです。必ず雨具を持っていきましょう。

子どもはレインコートがあると便利です。混雑していているので、傘がないほうが動きやすいです。

階段が多くベビーカーは厳しいので、抱っこ紐は必須ですね。あとママとパパの体力も(笑)

子連れなら、ジッパーつきジップロックは何かと役にたちます。ゴミを持ち帰る時も便利。

④につづく
台湾ではぜひ足マッサージを体験してください!育児疲れ解消におススメです!

龍山寺 台北のパワースポット龍山寺と足マッサージで癒される 台湾子連れ旅④

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください