子連れ旅をハッピーに!旅と子育てのブログ

【嵐山編】そうだ、子連れで京都いこう。世界遺産でランチ&竹林お散歩プラン

京都嵐山の竹林

こんにちは!京都が好きすぎる、くま子です。

祖母が京都近郊に住んでいるので、独身時代から京都には長年通っています。

そんなくま子に、子連れで楽しむとっておきの京都【嵐山】をご紹介させてください

嵐山には行きたいけど、オトナの雰囲気の京都で、子連れでも楽しめるか心配。
そう思っているあなた、大丈夫です。

美味しい精進料理を食べて、庭園を満喫して、竹林をお散歩して・・・

嵐山には、おすすめスポットがたくさんあります。
子連れで思いっきり嵐山を楽しんでくださいね。

京都の嵐山ってどんなところ?

京都の嵐山は、京都市街からちょっと山のほうへ行くイメージ。
桂川にかかる「渡月橋」一帯をいいます。

平安時代には貴族の別荘があったくらい、風光明媚な場所です。

春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、いつ行っても素晴らしい景色が待っています。

くま子にとっては、何回遊びに行っても楽しい場所です。

くま子
くま子

米国旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー」の観光都市ランキング(2020)では、京都が6位でしたね

くますけ
くますけ

ちなみに、1位はオアハカ(メキシコ)だったよ

京都駅から嵐山へのアクセス

嵐山観光マップ
嵯峨嵐山観光マップ

京都駅から嵯峨嵐山までのアクセスをチェックしましょう。
嵐山はちょっと遠いイメージですが、電車だと意外に近いです。

【電車】京都駅から嵐山まで最速で30分!

京都駅からJR嵯峨野線の嵯峨嵐山駅まで、7駅電車に乗って約16分(240円)。

降りてから15分ほど歩けば嵐山です。

【バス】で1時間・・・おすすめできないです

京都駅前から、京都市営バス・28号では嵐山公園まで27つ目(230円)。

バスだと1時間くらいかかってしまうので気をつけて!

くま子
くま子

断然、電車がおススメ!バスも車も渋滞が恐ろしいのよ~

おすすめ!嵐山のお散歩コース

それではさっそく、おすすめのお散歩コースをご紹介します。

子連れで嵐山にお出かけするときの参考になればうれしいです。

くま子
くま子

午前中嵯峨嵐山駅について、お散歩コースの途中でランチ休憩をはさむと、いい感じです

嵐山竹林おススメお散歩コース

京都駅から嵯峨嵐山駅へ到着
京都嵯峨嵐山駅
嵯峨嵐山駅前

午前10時過ぎに到着。お昼ごはんに精進料理を食べるのが楽しみ~!

カフェやお土産物屋がいっぱい☆嵐山のメインストリートをぶらぶら
渡月橋周辺 たくさんのお店が並びます
嵐山の商店街をぶらぶらするのが好きです

10時のおやつでも買って、一服しながら行きましょう。
子どもがおおよろこびしますww

渡月橋を渡りましょ
京都嵐山の渡月橋
嵐山の渡月橋

渡月橋周辺は公園になっているので、トイレ休憩したり、川辺でお茶を飲んだり。
暑い夏でも、川辺は爽やか。

世界遺産の天龍寺境内で精進料理をいただきます

天龍寺の精進料理のお店「̪篩月(しげつ)」でランチするのがお気に入りです。
くま子は、必ず予約します。

天龍寺の精進料理のお店「̪篩月(しげつ)」でランチ
天竜寺で精進料理をいただきます

満腹したら、天龍寺の庭園を楽しんで
京都嵐山の天龍寺庭園
京都嵐山の天龍寺庭園
天龍寺のお庭を満喫したら竹林へ
京都嵐山の夏の竹林は緑が鮮やかでした

夏の竹林は見事な緑です。のんびり歩いて、リフレッシュしてくださいね。

子連れで竹林お散歩コースを歩くポイント

特に夏は暑いので、ちょいちょい休憩を入れましょう。

渡月橋周辺には、お土産物屋さんやお茶屋さんがたくさんあります。
ぶらぶら立ち寄りながら、のんびりお散歩すれば子どもも喜びます。

また、子ども用の水筒は必須です。
すぐ「ママ~!のどかわいたぁ~」となりますのでww

子どもも喜ぶ!嵯峨嵐山ではずせないスポット

今や、京都・嵯峨嵐山は世界的にも有名な観光地。

たくさんのお店が立ち並ぶ渡月橋周辺ですが、子どもと一緒に楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

ミッフィーのパン屋さん「嵐山・みっふぃー桜ベーカリー」

嵯峨嵐山ミッフィーのパン屋さん
みっふぃー桜ベーカリー

嵐山のメインストリートにある商店街の「みっふぃー桜ベーカリー」。

思いっきり観光客向けなお店なんですけれど・・・ミッフィー好きにはたまらないですね。

嵯峨嵐山ミッフィーのパン屋さん
ミッフィーのパンがかわいすぎる~!

かわいすぎて食べられないパンたちに、大興奮です(京都には関係ないww)。

子どもが喜ぶこと間違いなしなので、ぜひ行ってみてください。

抹茶スイーツの専門店「茶和々(さわわ)」

嵐山のお茶屋さん「茶和々」
「茶和々」

京都では、なぜだか抹茶が食べたくなるくま子です。

おなじく嵐山のメインストリートにある、お抹茶スイーツの専門店「茶和々」。

お散歩の途中で、冷たい無糖のお抹茶をいただきましたが、美味しくてイッキ飲み!(笑)おかわりしたいくらいでしたね。

世界遺産を満喫|天龍寺の庭園

天龍寺庭園
天龍寺の庭園は必見です

世界遺産(世界文化遺産)の天龍寺は京都五山の一位の名刹。

後醍醐天皇の菩提を弔うために足利尊氏がスポンサーになり、夢想疎石(むそうそせき)を初代住職として建てられました。

天龍寺の池泉回遊式庭園は本当に美しいので、子どもと一緒にゆっくり味わってみてください。

庭園のイスに座って、のんびりと庭園を眺めていると、なんだか気持ちが穏やかになりますよ。

「篩月(しげつ)」世界遺産でいただく精進料理

天竜寺直営の精進料理店「篩月」さんは、くいしん坊な血筋のくま子ファミリーや祖母たちのお気に入りのお店です。

嵯峨嵐山へ行くときは、たいていこの精進料理がお目当てですww
身体にしみわたる、優しいお食事が味わえます。

天竜寺直営の精進料理のお店「̪篩月(しげつ)」でいただいた精進料理
「̪篩月(しげつ)」でいただく精進料理が好きです
くま子
くま子

篩月さんは「ミシュランガイド京都・大阪 2020」で、ビブグルマン(良質な料理を手ごろな価格で楽しめる店)に認定されたんですって!

お献立
  • 雪(一汁五菜)3,300円
  • 月(一汁六菜)5,500円
  • 花(一汁七菜)8,000円
天竜寺直営の精進料理のお店「̪篩月(しげつ)」でいただいた精進料理 アツアツの茄子とメロン
最後にアツアツの茄子田楽とメロンが!
くま子
くま子

献立の「月」と「花」は前日までに要予約。
くま子はいつも「雪」にしますが、予約していきます。

MEMO
予約するときに、子どもが小1と伝えたら、「お父さんお母さんの分を分けてもらうくらいでいいでしょうね」との親切なアドバイスがありました。 精進料理はお子様向けでないので、子どもの好みによっては注文しなくてよいですね。
チビくま
チビくま

チビくまは、ご飯と湯葉とジャガイモのスープとお団子とお漬物がすっごい美味しかった!(あとはあんまり)

天竜寺直営の精進料理のお店「̪篩月(しげつ)」でいただいた精進料理|広間の様子
篩月(しげつ)|広間の様子

精進料理は動物性食品を使わず、植物性食品のみの料理。
おだしは昆布・シイタケ・煎り大豆など。
季節感と「五法」・「五味」・「五色」を大切に調理するそうです。

本膳はもともと賓客を接待するための料理なので、一般の私たちも伝統的な「朱膳」でいただけるんです。ありがたや~。

※ 修行僧のお食事は質素です(おかゆと梅干とか、ぞうすいとか・・・)

天龍寺の「八方睨みの龍」とにらめっこしよう

京都嵐山・天竜寺
京都嵐山・天竜寺

天龍寺の法堂の天井には、1997(平成9)年に加山又造画伯が描いた、八方睨みの『雲龍図』があります。

この不思議な絵を、ぜひお子さんと一緒に楽しんでほしいです。

参考 雲龍図のご案内世界遺産|天龍寺 公式
天龍寺の雲龍図
雲龍図(実物は撮影禁止。上記はパンフレットより)

実物を見ていただけないのが残念ですが、天井の龍をどこから見上げても、「龍の黒い目玉と目があっちゃう~!」という不思議な絵なんです。

子どもは大喜びで、何度も何度も龍を眺めては不思議がっていましたww

くま子
くま子

雲龍図の外縁にそって下から歩きながら眺めたけど、どこに行っても睨まれてる!

チビくま
チビくま

面白すぎて、何回もぐるぐる回って龍を見ちゃったよ

これぞ京都のイメージ!爽やかな竹林でリフレッシュ

京都の嵐山と言えば、「竹林の道」も外せない名所ですよね。

野宮神社から大河内山荘へ抜ける、約200メートルほどの小道に美しい竹林が続いています。

特に夏は緑が鮮やか。
涼しい風とサラサラと鳴る葉の音で癒されます。

嵐山の野々宮神社鳥居
野々宮神社の黒木鳥居
MEMO
天龍寺を満喫した後、北門から出て、野々宮神社や大河内山荘へ向かって竹林をお散歩するのが近くておススメ

竹林の道にある、「野々宮神社」も人気のパワースポット。

源氏物語「賢木の巻」にも登場する清らかな場所なので、お散歩の途中で立ち寄ってみてくださいね。

まとめ

京都の市街から、ちょっと足を伸ばして嵯峨嵐山へ行ってみてください。

緑の中をのんびり散策して、美味しいものを食べて、美しいお庭を堪能して・・・。

大人にも子供にも楽しい遠足みたいな体験になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください